診療科・部門・センター紹介診療部 呼吸器内科

慢性閉塞性肺疾患(COPD)について

医長 畠山 由記久

肺気腫という言葉を聞いたことはありますか?最近は肺気腫と言わず、COPDと言われています。喫煙者の方の15%~20%程度に発症するとされます。わが国で530万人、約12人に1人が罹患しているとされています。しかしまだまだ認知度は低いのが現状で、違う病気だと思い受診することも多い病気です。

タバコ

【症状】

タバコなどにより肺の組織が壊れたり、気管支が細くなりさらに分泌物が増えることで「息切れ」「咳」「痰」を起こすことが多いとされています。

【診断】

診断はCTで肺の構造が壊れてしまっている(気腫化)ことを確認することも重要ですが、肺活量などを測定できる肺機能検査を行うことが必要です。

【治療】

まずは喫煙されている方は禁煙が必要です。気管支拡張薬の吸入をすることで気管支、気道を拡張させて痰を出しやすくしたり、息切れ症状の軽減をはかることが基本です。吸入薬のみではなく、しっかりとした運動や栄養状態の確保、感染予防など様々な対策が効果的と言われています。

息切れ


過去または現在に喫煙されていて、咳、痰、息切れを自覚している方は、COPDかもしれません。かかりつけ医にご相談ください。