消化器内視鏡センター

消化器内視鏡センター

消化器内科・紹介

消化器内視鏡センターにおいて専門の内視鏡検査技師・看護師の専任スタッフにより、安全・安心を図りながら、的確で高度な内視鏡診断・治療を行っています。
とりわけ、胃・大腸の腫瘍に対する内視鏡治療(ESD/EMR)や胆石や閉塞性黄疸に対する膵胆道系内視鏡による診断と治療(ERCP/EUS関連手技)を専門として行っています。

  • ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術(早期胃がん・大腸がんに対する内視鏡治療)
  • EMR:内視鏡的粘膜切除術(大腸の良性ポリープなどに用いられます)
  • ERCP:内視鏡的逆行性胆膵管造影検査(直接胆管・膵管を造影して診断治療を行います)
  • EUS:超音波内視鏡(胆道や膵臓の精密検査に威力があり、治療にも応用します)

特色・得意分野

1:苦痛が少なく、安心・安全な内視鏡診断・治療

通常の内視鏡検査(上部消化管、大腸)によるおう吐反射や咽頭痛などの苦痛を軽減し、安心して内視鏡検査を受けていただくために、鎮静剤を使用した内視鏡検査を行っています。
  鎮静剤使用に当たっては、呼吸状態や脈拍などの状態を確認するモニターをつけて行います。
また、細径の経鼻内視鏡による検査も受けることができます。
患者さんの安全を確保するために、看護師(内視鏡技師資格を有する看護師)が必ず寄り添って介助し、体調の変化に気を付けています。検査終了後には、リカバリールームで安静状態を保ち、血圧、呼吸状態、意識状態を確認したうえで、安静の解除を行うようにしています。

2:緊急内視鏡検査

吐血や下血などの症状が出現して24時間以内に実施する内視鏡検査を緊急内視鏡検査と言います。最近では、高齢者で嘔吐に伴って起こる食道裂傷による出血(マロリー・ワイス症候群)や胃・十二指腸潰瘍からの出血(鎮痛剤や抗凝固剤の服用に伴う)、大腸憩室からの出血が増加してきています。
  消化器内視鏡センターでは365日24時間対応するために、夜間帯では、医師ならびに看護師(内視鏡検査技師)がオンコール体制で待機しています。
  食道裂傷や潰瘍に露出する血管がある場合や、現に出血している場合は、緊急内視鏡を行って出血源を精査し、クリップによる止血や凝固装置による焼灼止血術を行います。大腸憩室出血が疑われる場合には、造影CT検査で腸管からの造影剤の流出がないか確認するとともに、洗腸液で腸管洗浄を行って内視鏡検査を行い、出血源となる憩室が確認できればクリップ止血術を行っています。

3:消化管腫瘍に対する内視鏡的診断・治療

  • ESD:内視鏡的粘膜下層剥離術(早期胃がん・大腸がんに対する内視鏡治療)
  • EMR:内視鏡的粘膜切除術(大腸の良性ポリープなどに用いられます)

主な対象疾患

早期(表在型)食道がん、胃腺腫、早期胃癌、大腸ポリープ(腺腫)、早期大腸がんなど

4:膵胆道疾患に対する内視鏡的診断・治療 ERCP関連手技 EUS関連手技

主な対象疾患

胆道疾患:急性胆嚢炎、急性化膿性胆管炎、胆道系腫瘍(胆のうがん、胆管がん)など
膵疾患:急性・慢性膵炎(膵石症)、膵嚢胞性疾患、膵がんなど

内視鏡的胆膵管造影検査(ERCP)とERCP関連手技

ERCPは、十二指腸内視鏡を胆汁と膵液の出口である十二指腸乳頭部まで挿入し、直接的に膵管や胆管を造影する検査です。この検査手技を応用して総胆管結石の摘出や胆管閉塞性黄疸に対して胆汁の排泄を確保する胆管ドレナージ術、主膵管の狭窄の解除や膵石の摘出などの治療を行うことができます。

EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)

EST-L(結石摘出術)

十二指腸乳頭部を電気メスで切開して、バスケット鉗子などで結石を摘出します。
大きな結石は砕石バスケット鉗子を用い、総胆管内で破砕して砕片化して摘出します。

EPBD(内視鏡的乳頭大口径バルーン拡張術)

総胆管結石の摘出をより容易にするために、乳頭部を10~20mm径のバルーンで拡張し、大きな結石を破砕することなく摘出することができます。

BAE-ERCP(ダブルバルーンやシングルバルーン内視鏡を用いたERCP)

最近では、ERCPができなかった胃全摘出術後や膵頭部切除術後であっても、小腸内視鏡を用いてERCPができるようにました。従来であれば経皮的胆管ドレナージや外科的手術療法などで治療期間の延長や身体的負担の多い治療で対応する以下ありませんでしたが、内視鏡治療の範囲が広がりました。

ERBD(内視鏡的胆管ドレナージ術)

胆管がんや膵がんなどで胆管が狭窄・閉塞すると胆汁の流れがせき止められて閉塞性黄疸が出現します。内視鏡的に胆管の狭窄部位を超えて胆汁の流れを開放するステントを挿入。留置します。長期間の留置には内径の太いメタリックステント(EMS)を選択します。

ERPD(内視鏡的膵管ドレナージ術)

慢性膵炎の急性増悪が繰り返されると、主膵管の狭窄が起きて、さらに膵炎を悪化させるようになります。その予防対策として、主膵管にステントを留置して膵液の流れを確保します。

超音波内視鏡(EUS)とEUS関連手技

内視鏡の先端に超音波装置(エコー)が装着された内視鏡で、胃や十二指腸に挿入して、近接する膵臓や胆管、胆のうを詳細に観察して、診断能力を高めます。
EUSで膵臓や胃粘膜下に腫瘍性病変が疑われる場合には、EUS観察下に穿刺針を用いて
EUS-FNA(超音波内視鏡下吸引針生検・細胞診)を行います。画像による診断だけでなく、組織や細胞の病理学的診断ができるため、より確かな診断ができます。

5:小腸内視鏡

主な対象疾患

小腸出血性疾患(薬剤性小腸びらん・潰瘍など)、小腸腫瘍、クローン病など
これまでは小腸の検索は造影剤を用いたX線透視検査が主でしたが、内視鏡検索ができるようになり、病変によっては内視鏡治療(止血術、ポリープ切除、狭窄部のバルーン拡張術)が可能となってきました。

小腸カプセル内視鏡

上部・下部内視鏡検査を行っても原因が見つからない消化管出血が第一の適応になります。

BAE(ダブルバルーン・シングルバルーン内視鏡)

細くて長い小腸をアコーディオンの蛇腹の様に折りたたんで短縮し、奥深い所にある病変を観察し、治療を行います。経口的に挿入する場合と大腸内視鏡の様に経肛門的に挿入する方法があります。

6:嚥下機能評価のための内視鏡検査(VE検査)

病気の進行や高齢化のために食事をすることが徐々に困難となってきます。食物をよく噛むことができない(咀嚼(そしゃく)機能低下)、飲み込みにくくなる(嚥下機能低下)と体重減少・筋力低下はもちろん、誤嚥(ごえん)性肺炎をきたして重篤な状態に陥る危険性があります。嚥下機能の低下が疑われる場合に、VE検査を含めた嚥下機能評価を行って、適切な食事内容の提供や食事の際の体位の提案を行って、誤嚥性肺炎などを予防することができます。

7:胃瘻(いろう)造設術

嚥下機能評価によって誤嚥性肺炎を発症する可能性が高い場合、必要な栄養状態を保つために、生理的な腸管をとおした栄養法として経管的に栄養剤を摂取する方法があります。簡便には鼻から胃内に挿入したチューブを使用しますが、長期的には不快感を伴い、チューブトラブルや誤嚥性肺炎の原因ともなります。原則的には経鼻経管栄養法が2週間以上続く場合に、腹壁から胃内に胃瘻チューブを造設して経腸栄養を継続することになります。誤嚥性肺炎をきたさない範囲で経口摂取を維持しながら、胃瘻チューブから十分な栄養を摂取して、病状の改善を計っていきます。

医療記事