診療科・部門・センター紹介感染管理室

感染管理室

明石医療センターは、病院の理念に基づき、患者様および病院職員に適切かつ安全で質の高い医療環境を提供するため、感染防止対策に取り組んでいます。

院内感染防止対策に関する基本方針

院内感染の防止に留意するとともに、感染症発生の際には、拡大防止のためにその原因の速やかな特定、制圧、終息を図ることが重要です。また、アウトブレイク(集団発生)や異常発生時には、感染対策システム上の不備や不十分な点を検討し改善していくことが必要となります。こうした基本姿勢をベースにした院内感染対策活動は、経済的にも有効な方法を選択し、全職員に対して組織的な対応と教育・啓発活動を行い、院内共通の課題として積極的な取り組みを行います。

院内感染防止対策に関する取り組み事項

  • 1.患者様やご家族をはじめ、病院に関わるすべての人たちを感染から守るために、手指衛生の徹底、防護用具の適切な着用など、標準予防策と感染経路別予防策を基本とした感染防止対策を遵守します。
  • 2.職員一人ひとりが健康管理に留意するとともに、予防接種を受けるなど、自らが感染源とならないよう努めます。
  • 3.感染防止対策の専門的知識を持った医師・看護師・薬剤師・検査技師による感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)を結成し、院内の感染防止対策の推進に努めます。
  • 4.院内感染の発生状況を把握するとともに、院内感染が発生した場合には速やかに対処し、感染拡大防止に努めます。
  • 5.感染防止対策の実施に際しては、個人の権利とプライバシーの保護に努めます。
  • 6.医師、看護師、薬剤師、検査技師による抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)を結成し、抗菌薬の適正使用の推進、薬剤耐性菌出現の抑制に努めます。
  • 7.職員は積極的に研修会に参加するなど自己研鑚に励み、感染防止対策の知識・技術の向上に努めます。
  • 8.地域の医療機関、保健所などと連携し、地域における感染防止対策を推進します。

感染管理室の業務

院内感染防止対策に関する活動を円滑に推進するために、院長の直轄部門として、担当副院長の下に感染管理室を設置しています。院内感染管理者を感染管理室長とし、感染対策の実務的責任者としての役割を果たしています。感染管理室を中心に、診療部、看護部、薬剤科、検査科等の委員で構成する感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)を結成し、感染防止委員会、感染管理室の活動方針・活動目標に基づいて、具体的な感染管理活動を実践しています。また、抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)を結成し、感染症患者に対して適切な感染症治療を支援し、抗菌薬適正使用の推進に関する活動を実践しています。

<具体的な感染管理活動>

  • 1)感染防止マニュアルの作成・改訂
  • 2)職員への教育・啓発活動
  • 3)病院感染サーベイランス(発生状況調査)
  • 4)感染症カンファレンス(抗菌薬適正使用の推進) 毎日
  • 5)感染防止対策の実施状況の把握と指導(院内ラウンド) 週2回
  • 6)アウトブレイク発生時の対応
  • 7)全職員からの感染症治療・感染防止対策についてのコンサルテーション
  • 8)職員の職業感染対策
  • 9)地域連携

受診・入院される患者様、ご家族様へ

病院は一般社会よりも感染症の方が多い場所です。また、免疫力の低下した患者様が多くいらっしゃいますので、病院内では、下記のことにご協力をお願いします。

  • 病院の中には、様々な病原性微生物(細菌やウイルス)がいます。病院への出入り、病室への出入り時には、設置している消毒剤で手指の消毒をお願いします。
  • 病院には、免疫力が低下し感染しやすい状態の患者様が多くいらっしゃいます。咳やくしゃみをした時に排出する、痰・唾液・鼻水の中には多量の病原性微生物(細菌やウイルス)が含まれています。咳やくしゃみが出る方はマスクを着用し、他の人に感染症をうつさないよう咳エチケットを守りましょう。マスクが必要な方は、病院玄関に自動販売機が設置されていますので、ご利用ください。
  • 入院の場合、患者様の感染症の種類によっては、他の患者様への感染防止のため、個室に入っていただくことがあります。また、病院職員は手袋やマスクなどの防御をして患者様のケアをさせていただくこともあります。その際には、病院職員からご説明をさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。
  • ご面会時のお願い
    ・体調のすぐれない方(特に、発熱、咳、下痢・おう吐、発疹の症状がある場合)、小さいお子様のご面会はご遠慮ください。
    ・風邪やインフルエンザが流行している時期は、面会時マスクの着用をお願いします。
    ・病院内、また近隣地域で感染症が流行している時期は、面会を制限させていただく場合があります。ご理解とご協力をお願いします。

医療記事