診療科・部門・センター紹介診療部 腎臓内科

慢性腎臓病とは?

慢性腎臓病(Chronic Kidney Diesease:CKD)とは、腎臓が少しずつ悪くなっている状態で、以下のような状態とされています。

①尿異常,画像診断,血液,病理で腎障害の存在が明らか.
特に0.1g/g Cr 以上の蛋白尿(30mg/gCr以上のアルブミン尿)の存在が重要
②GFR<60mL/分/1.73m2
①,②のいずれか,または両方が3ヵ月以上持続する.

日本において、患者さまは約1330万人(成人の8人に1人)いると考えられ、「新たな国民病」ともいわれています。CKDは透析を要する腎不全の予備軍です。早期に発見して、その病態をできる限り明らかにし、進行を防ぐ対策を行うことが重要です。
また、CKDは心筋梗塞や脳卒中などの、心血管病の重大な危険因子です。慢性腎臓病の進行を予防する努力をすることのみではなく、心血管病の発生を予防するための生活習慣の是正、適切な治療、心血管病の早期発見に努めることが重要です。