診療科・部門・センター紹介診療部 循環器内科

循環器内科医長 黒田 優が、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVRまたはTAVI)の実施医および指導医に認定されました。

経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVRまたはTAVI)は通常手術がハイリスクな大動脈弁狭窄症(AS)に対する画期的な治療法として開発され、2013年に日本でも認可されました。現在まで全世界で年間10万例近く施行されるなど、日本でも年間4000例を実施しております。(TAVIの詳細に関しましては、当ホームページのTAVIのページをご参照ください。)

特記すべきことは日本のTAVIの成績が導入当初より極めて高い水準を維持しています。今後も引き続き医療の質を高め、安全性を確保しながらこの良好な成績を維持し続ける必要があるため、日本経カテーテル心臓弁治療学会(JTVT)を中心に、2018年6月1日よりTAVI実施医および指導医に関しての認定医制度が制定されました。

当院循環器内科医長 黒田 優は、患者さまに質の高いTAVI治療を提供できると判断され、TAVI実施医および指導医に認定されました(2018年6月1日時点で指導医は全国72名[SAPIENシリーズ])。

明石医療センター ハートチームは、患者さまにより安全で低侵襲な治療を提供できるよう日々研鑽を積み、より良い医療を目指してまいります。

SAPIENシリーズ指導医一覧
http://j-tavr.com/document/tavr-shidoui_sapien_180608.pdf