診療科・部門・センター紹介診療部 循環器内科

最新医療機器であるIMPELLA(インペラ)補助循環用ポンプカテーテルを始めました。

ハートチーム 黑田 優(循環器内科 医長)

インペラ補助循環用ポンプカテーテルとは

インペラ(IMPELLA)とは、左心室負荷を直接軽減する補助人工心臓の一つです。海外では10年以上前から使用されていましたが、2017年9月から日本にも導入されました。

「補助循環」というのは、心臓のポンプ機能を助ける働きを意味しています。その補助により、破綻した心臓機能を代行することで、心臓を一時的に休ませながら、治療に必要な手技や手術を行うことができるようになります。循環を補助する装置は、大動脈バルーンパンピング(IABP)、経皮的心肺補助装置(PCPS)、左室補助人工心臓(LVAD)があり、インペラ補助循環用ポンプカテーテルは小型モーターを内蔵したポンプカテーテルを、経皮的に大動脈などから心臓の左心室に挿入する新しい左室補助循環装置です。

特徴は、LVADと異なり開胸手術をせずに経皮的/経血管的にポンプカテーテルを挿入し、ポンプ内のインペラ(羽根車)を高速回転することで左室内に挿入したポンプカテーテル先端の吸入部から血液を吸引して、上行大動脈に位置した吐出部から血液を送り出すことにより循環を補助します。また、従来のPCPSよりも心臓への負担が少なく、挿入カテーテル数も少なく低侵襲です。

インペラ補助循環用ポンプカテーテルは二種類あり、IMPELLA2.5では最大毎分2.5L、IMPELLA5.0では最大毎分5.0Lの循環補助を行います。

インペラ補助循環用ポンプカテーテルは保険診療ですが、高難度医療技術であり、カテーテル治療の経験を積み、トレーニングを受けた医師が実施します。当センターは、この治療を提供できる施設として認定され、ハートチーム(循環器内科医師、心臓血管外科医師、麻酔科医師およびコメディカル[看護師、臨床工学技師、エコー検査技師、放射線技師、リハビリなど])で協力しながら、集中治療室(ICU)で厳重に管理する体制をとっております。

適応症例

インペラ(IMPELLA)は、あらゆる内科療法(薬物治療)が効果的ではない心原性ショックが適応になります。具体的には超重症心不全症例の心不全が悪化した場合や、急性心筋梗塞や劇症型心筋炎で搬送される緊急重症ショック症例に有効と考えています。また、心臓血管外科手術後の循環補助として使用することもあります。

治療手技

①IMPELLA補助循環用ポンプカテーテル2.5は、大腿動脈(太ももの付け根)からポンプカテーテルを入れて左心室の中まで挿入し、制御装置によってコントロールします。

②IMPELLA補助循環用ポンプカテーテル5.0は、外科的に3〜5cmの皮膚切開を行い、大腿動脈あるいは鎖骨下動脈を露出され人工血管を吻合し、その人工血管からポンプカテーテルを左心室内に挿入します。

当院でのインペラ(IMPELLA)を使用した治療の様子

重症大動脈弁狭窄症、低心機能、腎不全などを合併した重症狭心症の症例に対して、バルーン大動脈弁形成術(BAV)後にインペラ(IMPELLA)を施行しました。インペラで循環動態を安定させることにより、ローターブレーターを使用したカテーテル治療を必要最低限の造影剤(約8ml)で無事完遂することができました。

インペラ補助循環用ポンプカテーテルを実施するには、厳しい施設認定が必要で、当院も2018年に施設認定を受けることができました。

当院のハートチームは、最先端の医療機器を使いこなし、質の高い治療を皆様に還元することを使命と考えています。

(図1)左心室内にインペラ補助循環用ポンプカテーテルを留置

図1

(図2)左心室内の血液を吸入し、大動脈へ駆出することで心臓をサポートします

図2

(図3)インペラ補助循環用ポンプカテーテルにより、心臓および体への血流が増加し循環を維持します

図3

(写真)当院でのインペラ手技の様子:ハートチーム一丸となり治療に当たります

①インペラを挿入している様子

写真①

②インペラのコンソール(制御装置)を操作する臨床工学技士

写真②

③ハートチームで治療している様子

写真③