診療科・部門・センター紹介診療部 麻酔科

診療部|麻酔科

麻酔科ってどんなところ?

麻酔科医の仕事は、単に"手術中眠らせる"だけではありません。まず手術に先立って術前診察を行い、どのような手術を受けるか、どのような合併症があるかなどを把握します。そして手術の術式と全身状態に応じた麻酔計画を立て、麻酔の準備をします。手術中は麻酔薬を投与するだけでなく、呼吸や循環の状態を絶えず調整します。手術が終われば麻酔からの覚醒を図り、病棟へ帰っても安全な状態に戻します。最後に手術の後も回診を行い、術後経過に異常がないかチェックし痛みの対処を行います。このように、麻酔科医の仕事は手術の前と後も広くカバーします。ですから本来はおおぜいの麻酔科医が必要なのですが、皆さんもご存知のとおり、まだ日本には麻酔科医が足りません。当院は麻酔科認定病院であり、また臨床研修病院でもあります。若い麻酔科医の育成にも努力したいと考えておりますので、皆様のご協力をお願い申し上げます。

関連ページ

医療記事