診療科・部門・センター紹介診療部 総合内科

英文エディターMr.Benとディスカッションしながら論文校閲いただきました。

英文セッション.jpg12月の英国紳士英文エディターのMr.Benとのセッションです。当科で作成中のCase report、海外学会へ向けたabstract、他科(心臓血管外科)の論文作成をディスカッションしました。

毎回英語の難しさを痛感します。日本語から英文に訳したときの違和感を直接教えていただけます。もっとシンプルにとバサバサ削られることが多いです。

カバーレターについては長くともA4 1枚半までとのアドバイスをいただきました。それ以上長くなるのは論文で伝えたいことがまとまってない印象を与えるそうです。

当科は英文エディター、統計専門家による直接の指導を受けられるという恵まれた環境です。今年度は卒後1年目ですでに英文case reportを書き上げようという研修医も現れました。当科一同で応援しておりますので学術面での興味がある方の見学もお待ちしております。