診療科・部門・センター紹介診療部 心臓血管外科

低侵襲心臓手術

心臓血管外科部長 戸部 智

従来心臓手術は胸の正中を縦に切る(約25cm、胸骨縦切開)アプローチ(図1)が標準的でしたが、最近皮膚小切開 (5~6cm)による右開胸(図2)で心臓手術が可能になりました。以前より心臓の右開胸手術は、美容面を考慮して若い女性、あるいは剥離、出血量を軽減するために心臓再手術の方に適応されてきました。

胸骨縦切開と右開胸

手術器械の開発、種々の工夫により、より小さな傷で手術が可能となりました。この手術方法のメリットは、美容面にとどまらず、痛みを軽くし、早期の社会復帰、創部感染症リスクの低下、出血量の軽減があげられます。

低侵襲心臓手術の様子

適応疾患は主に僧帽弁疾患、心房中隔欠損症の手術ですが、今後大動脈弁疾患にも適応を拡大していく予定です。通常心臓手術は、冠動脈バイパスの手術を除いて、体外循環という補助手段を用いて心臓を停止して手術を行います。低侵襲心臓手術はそけい部、頚部の小さな傷からチューブを挿入し体外循環を確立します。小さな手術創からは必要最小限の専用の器械を用いて手術を行います(図3)。手術翌日から歩行開始し、一週間程度で退院可能となり、早期の社会復帰、復職ができるようになりました。