診療科・部門・センター紹介技術部 リハビリテーション科

リハビリテーションの内容について

今回は、リハビリテーションで行う主な練習とその内容について説明させていただきます。

1.関節可動域練習

けがや手術、過度の安静、寝たきりなどにより関節の動きが悪くなることがあります。
これらの予防、改善を目的としてストレッチをしたり、マッサージをしてこわばった筋肉をほぐしながら関節を動かす練習です。

関節可動域練習

2.筋力増強練習

文字通り筋力を鍛える練習です。しかし人によって身体の状態は様々です。過度の負荷は身体を痛めてしまうことがあるので、強度・頻度は個々に合わせて行います。
内容も様々で重りやチューブを使った練習、自重(自分の体重)を利用して行う練習、自転車エルゴメーターなどを使用した練習などを行っています。

筋力増強練習

3.歩行練習

松葉杖や歩行器を使用したり、装具をつけて歩く練習などをしています。特に装具を使用する場合は患者さまが歩きやすいように調整しながら練習を進めていきます。
また、単に歩くだけでなく安定した歩行が行えるよう姿勢などをチェックしながら歩行練習を行っています。

歩行練習

4.ADL(日常生活動作)練習

例えば階段を昇り降りする、座敷にすわる、お風呂に入るなど日頃何気なく行っている動作でも、しばらく行っていないと意外に難しいものです。退院後に患者さまが困らないように、家に帰ったことを想定して練習を行っています。

5.呼吸練習

主に呼吸器疾患の方に行っています。安静時はもちろんのこと動いているときも呼吸が楽に行えるように、リラクゼーションや息の吸い方・吐き方の練習をしています。
また、痰を楽に出す練習なども行っています。

以上のような練習はすべて医師の指示のもとに行われますので、まずは主治医にご相談ください。