診療科・部門・センター紹介技術部 リハビリテーション科

リハビリテーション科について

私たちの仕事は簡単にいうと"医師の指示の下で"病気や怪我のために失われた患者さまの身体能力を高め、一日も早く社会復帰できるよう、またできるだけ苦痛なく日常生活を送っていただくためのお手伝いをすることです。ひとくちにリハビリテーションといっても、理学療法、作業療法、言語療法など様々でそれぞれに専門性を持っています。現在当センターでは、運動器疾患・呼吸器疾患・心大血管疾患・脳血管疾患・廃用症候群・がんに対するリハビリテーションを行っています。

運動器疾患では、主に骨折や脊椎疾患などを対象に、関節を動かす練習や筋力トレーニング、治療体操、歩行練習などを行っています。

呼吸器疾患では、慢性閉塞性肺疾患や肺炎などの疾患を対象に、日常生活を少しでも楽に行えるように呼吸練習や体操、歩行練習などと合わせて、息切れを起こしにくい動作の提案と実際の動作練習などを行っています。

心大血管疾患では、心筋梗塞や狭心症、心不全、心臓の外科的手術後の方を対象に、入院中に衰えた体力の回復、再発予防などを目的とした運動や体操(血圧・脈拍・心電図などをチェックしながら行います)、日常生活の注意点の説明などを行っています。またチーム医療として、慢性心不全看護認定看護師や栄養士、薬剤師とも連携を取り、退院後も運動を継続して頂けるよう患者さまと話し合いながら取り組んでいます。

脳血管疾患では、脳梗塞やその他の脳・神経系の疾患を対象に関節を動かす練習や筋力トレーニング、歩行練習などを行っています。また、過度の安静や寝たきりから起こる廃用症候群では活動性の向上を図っていきます。

がんのリハビリテーションは、がんそのものや治療に伴う後遺症や副作用で生じる身体的・心理的な障害の予防や緩和、あるいは能力の回復や維持を目的に、治療と並行して行なっていきます。生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフ)を大切にする考えのもと、これまでどおりの生活をできるだけ維持し、自分らしく生きるためのサポートを行ないます。

初めて来室される患者さまのほとんどは『どんな事をするのかな?』『痛いのかな?』と緊張した表情で来室されますが、まずは今できること、できないこと、困っていること、などのお話を聞かせて頂きます。次はその問題を解決するために行うリハビリテーションの内容を説明させて頂き、いよいよスタートとなるのです。『できないこと』をひとつずつ解決し、一日も早く家庭復帰、社会復帰できるよう患者さまと一緒に汗を流しています。