診療科・部門・センター紹介看護部

教育について

明石医療センター看護部教育理念

専門職業人として倫理観を備え、信頼される知識と確実な技術を身につけ、質の高い看護実践ができる看護師を育成する。
看護師として、また、1人の社会人として、キャリアを考え自己実現できる職業人としての成長を目指す。

明石医療センターキャリアパスの一例

クリニカルラダー・キャリアラダーの段階

当院のクリニカルラダーは日本看護協会で提示されている定義を基に作成し、専門職業人としての看護職ひとり1人の発達段階やライフプランに応じて受けられる体制になっています。
また、職業人として自律するためにキャリアラダーも発達段階に応じて習得する体制としています。

クリニカルラダー・看護実践力(ニーズをとらえる力・ケアする力・協働する力・意思決定を支える力
キャリアラダー・組織的役割遂行能力(人間関係を築く能力・マネジメント能力) 
・自己教育・研究能力(自己能力を開発する力・研究する力)
  • LvV

    役割概要:看護実践ロールモデル
    クリニカルラダー より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する
    キャリアラダー 所属を超え、看護部や病院から求められる役割を遂行できる
  • LvIV

    役割概要:副主任・実習指導者・教育担当リーダー
    クリニカルラダー 幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
    キャリアラダー 所属する職場で、特殊なまたは専門的な能力を必要とされる役割、または指導的な役割を遂行できる
  • LvIII

    役割概要:教育担当者・チームリーダー
    クリニカルラダー ケアの受けてに合う個別的な看護を実践する
    キャリアラダー 所属する職場で、組織的役割が遂行できる。看護チームにおいてリーダやコディネーターの役割が発揮できる
  • LvII

    役割概要:実地指導者
    クリニカルラダー 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
    キャリアラダー 組織の一員としての役割発揮が理解でき、部署の目標達成に向けて行動がとれる。日々の看護業務においてリーダーシップがとれる
  • LvI

    役割概要:日常看護実践を遂行
    クリニカルラダー 基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する
    キャリアラダー 責任のもっとも軽い、難易度の最も低い、軽微な組織の役割を果たす
  • 役割概要:新人  新人臨床研修

教育研修プログラム

平成27年度からクリニカルラダーに基づいた継続教育を行っています。

1)新人臨床研修実施(例)

画像をクリックするとpdfが開きます。

2)クリニカルラダー別研修

当院では、日本看護協会のラダーをベースにラダーを作成し、研修を行っています。

画像をクリックするとpdfが開きます。

特定行為研修制度について

特定行為研修制度とは、2025年に向けて、さらなる在宅医療等の推進を図っていくために、医師又は歯科医師の判断を待たずに、手順書により、一定の診療の補助を行う看護師を養成していく制度です。
社会医療法人愛仁会明石医療センターは看護師の特定行為研修機関です。
特定行為は、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる21区分38行為です。
愛仁会は、以下のコースを開設しています。

  • 呼吸管理コース
  • 創傷管理コース
  • 透析管理コース
  • 栄養・水分管理コース
  • 血糖コントロールコース
  • 循環薬剤投与コース