診療科・部門・センター紹介外来化学療法チーム

外来化学療法チーム

がんの治療は、手術だけでなく、化学療法や放射線療法など多岐にわたって集学的に行うのが今の主流です。当院の外来化学療法室でも抗がん剤に加え、分子標的薬、免疫薬、さらにはクローン病や潰瘍性大腸炎、関節リウマチに有効な生物学的製剤など多彩な薬剤を揃え、様々な病態に備えています。

外来化学療法チームでは、少しでも治療中の副作用やそれに伴う苦痛をやわらげる事ができるように、また、安全に治療を受けていただけるように取り組んでいます。治療前には、看護師や薬剤師が、患者さまの体調や副作用症状の程度、心配事などについてお伺いし、その内容を、医師、薬剤師、看護師、必要時はその他の職種とも共有し、医療チームとして、患者さま・ご家族の皆さまのサポートをさせていただいています。また、担当薬剤師は、レジメンチェック(抗がん剤の種類、用法・用量、投与間隔)、副作用軽減のための支持療法の確認、検査値と副作用の聞き取りより薬剤の投与量が適正であるかのチェックを行ったうえで、センター内の専用設備を使用して、混合調整を無菌操作で行っています。

スタッフ構成

  • 医師
  • 看護師(がん化学療法看護認定看護師)
  • 薬剤師(がん薬物療法認定薬剤師)
  •   

設備について

  • ベッド12床(各ベッドにテレビを配置)
  • リクライニング2床
  • 飲み物や弁当、軽食の持ち込み可能
  • ご家族の待合場所あり
  •