診療科・部門・センター紹介地域医療部 医療福祉相談室

地域医療部|医療福祉相談室

医療福祉相談室ってどんなところ?

明石医療センターには、患者様・ご家族様の相談窓口『医療福祉相談室』があります。
病気や事故のため治療が必要になると、どなたでも不安や心配ごとがでてくるかと思います。たとえば、今後の生活に関すること、治療費・入院費の事、保険・福祉サービスの疑問......など。

そんな時は、『医療福祉相談室』へご相談ください。社会福祉士の資格をもった専門の相談員『医療ソーシャルワーカー』がお話を伺い、あなたとご家族様の生活を一緒に考えます。

「こんなこと聞いてもいいのかな...?」なんてことでも大丈夫!総合受付にてお気軽にお声かけください(『医療福祉相談室』の場所は1F総合受付裏です)。

よくあるご質問

Q1 介護保険を申請したい。

介護保険の申請は、お住まいの地域の市役所、地域包括支援センター、在宅介護支援センターなどで手続きを行うことができます。市町村によって手続き方法が異なりますので、役所の担当窓口もしくは医療ソーシャルワーカーへお尋ねください。

Q2 障害者手帳の申請をしたい。

病状や手術内容によっては、障害者手帳の申請対象となる場合があります。ご自身が該当するか不明な場合など、詳しくは医療ソーシャルワーカーへお尋ねください。

Q3 退院後の生活に不安がある。

「退院後、1人暮らしで家のことができるか心配」「家族で介護していけるだろうか」など、さまざまなご不安がある場合、介護保険サービスやご状態に応じた福祉サービス等をご案内させて頂いております。ご自宅でも安心して過ごしていただくために、医療ソーシャルワーカーはご自宅での生活を支えるお手伝いをいたします。

Q4 誰に相談したらいいか分からない。

「先生や看護師に相談したいことがあるけど...こんなこと相談しても大丈夫かな?」など、誰に相談をすればいいか分からないことなどありませんか?そんな時は、お気軽に医療ソーシャルワーカーへご相談ください。お話をお伺いし、内容に合わせた対応をさせていただきます。

Q5 転院先を探したいけど・・・。

「足腰が弱ってしまったので、自宅に帰る為にもう少しリハビリをしたい」「家族の介護負担が大きい為、療養できる病院を探したい」・・・などの理由で、転院・施設をお探しの場合、医療ソーシャルワーカーが患者様のお身体の状態やご希望に応じて次に過ごす場所を一緒に考えていきます。

Q6 医療費の支払いが心配。

入院された場合は『限度額適用認定証』を医療機関の窓口へ提示することで、窓口でお支払いただく医療費が一定の自己負担額までとなります。各手続きは加入されている医療保険によって申請窓口・方法が異なります。詳しくは加入されている保険の担当窓口、当院医事科、または医療ソーシャルワーカーへお尋ねください。

医療記事