ご来院される方へ高額療養費について

限度額適用認定証について

医療費が高額になりそうなときは限度額認定証をご利用ください。

医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。

70歳未満の方が「限度額認定証」を窓口に提示すると、1ヵ月(1日から月末まで)の窓口でのお支払が自己負担限度額までとなります。

※1 保険医療機関(入院・外来別)、保険薬局等はそれぞれでの取扱いとなります。
※2 同月に入院や外来など複数受診がある場合は、高額療養費の申請が必要となることがあります。保険外負担分(差額ベッド代など)や、入院時の食事負担額等は対象外となります。

詳しくは、協会けんぽ各支部や市町村窓口等にお尋ねください。(下記の例もご参照ください)

区分 一部負担金の自己負担限度額(月額) 多数該当(※)
標準報酬月額83万以上 252,600円+(医療費−842,000円)×1% 140,100円
標準報酬月額53万~79万 167,400円+(医療費−558,000円)×1% 93,000円
標準報酬月額28万~50万 80,100円+(医療費−267,000円)×1% 44,400円
標準報酬月額26万以下 57,600円 44,400円
低所得者
(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
35,400円 24,600円

(平成29年11月現在)

※同一世帯で1年間(直近12か月)に3回以上高額療養費の支給を受けている場合は、4回目からは自己負担限度額が変わります。(多数該当)

(例)胃がんの手術で10日間入院した時(医療費100万円の場合)(区分:月収28万~50万円)
医療費
保険(7割) 高額医療費
212,570円
窓口負担
自己負担限度額
※ 87,430円
※ 80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%

※保険外併用療養費の差額部分や入院時食事療養費、入院時生活療養費の自己負担額は高額療養費の対象になりません。