採用情報 総合内科 専攻医・指導医

2020年度の専攻医(内科プログラム、総合診療プログラム)、指導医の募集について

愛仁会高槻病院および明石医療センターでは多種多様の病態を持つ患者様に対して実力を発揮できる総合医の育成、及び専門医としての基礎能力の向上を目指しております。新内科専門医制度及び総合診療専門医制度に準拠したプログラム作りを行なっております。

ご興味のある方はこちらもご覧ください↓
明石医療センター総合内科 紹介動画
高槻病院総合内科 紹介動画
研修を終えた専攻医の声


1. 臨床能力の育成

総合内科病棟マニュアルの編集委員・執筆者やHospitalist編集委員などに携わる指導医による濃密な教育体制が確立しております。さらに今年度は、両病院とも指導医の増員により教育体制がより強化されています。患者は多種多様の病態を有しており、これまで1年間のトレーニングで、各専攻医は新内科専門医制度の必要患者数をクリアしています。EBMジャーナルクラブ、各病態について文献的考察を含めたコアレクチャーなど多くの講義も充実しています。高槻病院では診療看護師(Nurse Practitioner)も指導体制を確立しており活躍しています。

2. 臨床研究

愛仁会では独自の臨床研究委員会があります。これまで多くの臨床研究に携わられた吉川徳茂先生をはじめ、医学統計専門家及び英国人の英文エディターによる手厚いサポート体制が整っています。すでに愛仁会内で多数の臨床研究が開始されております。後期研修医の時期より臨床研究に携われる体制です。国内外の発表及び論文発表も盛んに行っています。

3. 学位取得

総合医は理念として素晴らしい分野ですが、将来のキャリアパスを懸念する方も多いと思います。愛仁会総合内科では、京都大学医療経済学の今中雄一教授のご尽力もあり、意欲があれば働きながら博士(Ph.D.)や公衆衛生修士(MPH)を取得することができます。他大学との連携も希望に応じて相談させていただきます。臨床研究と合わせて総合医として次のキャリアパスを考えている先生にはおすすめです。

4.勤務体制

病棟対応についてはチーム制をとっており週1日以上の完全な休みを確保いたしております。また、将来的には出産・育児などの家庭の事情を持つ先生方のためにフルタイム勤務以外の体制も充実させていく予定です。体制が整うまでは各自の事情に応じた対応をさせていただきます。女性・男性医師関係なく当科専攻中に出産を経験された医師が複数名おります。女性医師の産休・育休はもちろん、育休を利用した男性医師もいます。

5. 高齢者診療、在宅診療へのサポート

高槻病院では急性期診療だけでなく、しんあいクリニックにおける高齢患者を中心とした診療を行っています。急性期疾病を治す(Cure)だけでなく、患者全体を包括的にケア(Care)することを心がけています。また、来年度より在宅診療にも着手していく準備を行っています。豊富にいる特定行為に係る看護師を含めた訪問看護ステーションのサポートの下、在宅での継続した診療を行います。急性期病院から在宅まで高齢患者が安心して過ごせる医療システムを構築します。在宅診療を検討されている方はぜひ見学にお越しください。



2020年度募集開始します!
①専攻医(後期研修医) 新内科専門医プログラム、総合診療プログラムいずれも対応可。
②指導医(総合内科、家庭医)
■高槻病院
指導医1名、専攻医 総合内科 3-4名

■明石医療センター
専攻医 内科プログラム 7名、総合診療プログラム 2名

*新内科専門医制度に該当する現在卒後2年目の医師は、各病院(高槻病院・明石医療センター)のプログラムに応じた体制下での研修となります。明石医療センターは新総合診療専門医プログラムの基幹病院にもなっています。指導医になるための臨床能力及び教育のトレーニング及び臨床研究を行うことになります。
高槻病院総合内科及び明石医療センター総合内科では、これまでも総合診療プログラムや緩和ケアプログラム、各専門内科医師の内科トレーニングとしての受け入れ実績があります。今後も法人内外を問わず、内科研修の一環としての受け入れや他プログラムとの連携についてはフレキシブルに対応いたしますので、興味のあるプログラム担当の先生がいらっしゃいましたらご連絡ください。ご興味、質問がある方は下記までご連絡ください。一緒に関西の総合診療を盛り上げましょう!

問い合わせ先
■高槻病院
総合内科主任部長 筒泉貴彦 tutuhiko0405@yahoo.co.jp
■明石医療センター
総合内科主任部長 木南佐織 amcgim@gmail.com


関連ページ