専攻医 内科専門研修プログラム

内科専門研修プログラム

明石医療センター内科専門研修プログラム

プログラムの概要

1.研修スケジュールについて(例:サブスペシャリティ呼吸器内科の場合)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 明石医療センター
総合内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病・
内分泌内科
腎臓内科
2年目 連携病院
3年目 明石医療センター
呼吸器内科

※連携施設
神戸大学医学部附属病院、社会医療法人神鋼記念会 神鋼記念病院、高砂市民病院、社会医療法人愛仁会 尼崎だいもつ病院、社会医療法人愛仁会 高槻病院、地方独立行政法人 神戸市民病院機構 神戸市立医療センター中央市民病院、地方独立行政法人 明石市立市民病院、社会医療法人愛仁会 千船病院、医療法人伯鳳会 赤穂中央病院、地方独立行政法人神戸市民病院機構 神戸市立医療センター西市民病院、独立行政法人国立病院機構 神戸医療センター、地方独立行政法人神戸市民病院機構 神戸市立西神戸医療センター、兵庫県立淡路医療センターの中から2年目の1年間に連携施設で研修

2.プログラムの特徴

当院のプログラムでの研修期間は原則3年です。(研修休止期間については『内科の整備基準』に基づき、プログラム修了要件を満たしていれば6か月以内であれば延長の必要はないものとする)
研修1年目は基幹施設である明石医療センターで総合内科4ヶ月及び2ヶ月×4の選択診療科研修(呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・糖尿病内分泌内科・腎臓内科の中から選択)、研修2年目は連携施設で1年間の研修を行い、研修3年目は明石医療センターにてサズスペシャリティの診療科で研修を行います。「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた70 疾患群・200症例以上の経験を目標に主治医として幅広く研修を行い内科専門医に必要な知識や技能を取得します。 3年間で(1)主担当医として全70 疾患群の全てを経験し、かつ計200 症例以上(外来症例は20 症例まで含むことができる)を経験、(2)29編の病歴要約、(3)2編の学会発表または論文発表、(4)JMECC 受講、(5)プログラムで定める講習会受講等の修了要件の達成を目標に研修を行います。当院ではきわめて稀な疾患を除いて、3年間で13領域、70疾患群の症例を十分に経験することができます。