大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法 TAVI 経カテーテル大動脈弁置換術

  • NEW TAVI 経カテーテル大動脈弁置換術のページを公開いたしました。

TAVIとは

近頃、「疲れやすくなった」「少し動いただけで息切れする」と感じることはありませんか?もしかしたらそれは心臓の弁に異常が起きている大動脈弁狭窄症かもしれません。
心臓の手術は患者さまの身体にとって大変な負担となり、状態によっては手術を断念せざるを得ないこともあります。そこで、これまでの外科的手術と比べて患者さまの身体的な負担が少ない治療法としてTAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)が登場し、2013年10月に日本で保険適用となりました。
「TAVI」とはTranscatheter Aortic Valve Implantation の略語で、「経カテーテル大動脈弁留置術」と訳されます。TAVIは、胸を開かず、心臓が動いている状態で、カテーテルを使って人工弁を患者さまの心臓に装着する治療法です。この治療は、心臓の弁が上手く機能せず、息切れなどの症状が出る「心臓弁膜症」の患者さまで、高齢などの理由で手術を諦めていた方に対する新しい治療の選択肢となります。
2002年にフランスで初めて治療応用に成功し(Alain Cribier医師)、世界では欧米を中心に2013年6月現在9万例近い治療が行われて来ました。

大動脈弁狭窄症とは

大動脈弁狭窄症とは、酸素を含んだ血液を全身へと送り出すのに重要な役割を果たす大動脈弁が、何らかの原因で硬くなることで開きにくくなり、十分な量の血液が心臓から全身に送り出されなくなる状態のことです。大動脈弁狭窄症にさまざまな原因がありますが、近年は加齢や動脈硬化が原因の場合が増えてきています。

大動脈弁狭窄症は軽度なものでは症状が現れにくく、他の病気の検査などで見つかる場合がほとんどです。そのため重症になってから発見されることも多く、狭心症(胸の痛み)、失神、心不全症状(息切れなど)を伴い、大変危険な疾患で、突然死に至る場合もあります。

TAVIの2つのアプローチ法

TAVIには2通りのアプローチ方法があります。太ももの付け根の太い血管からカテーテルを挿入する「経大腿動脈アプローチ」と肋骨の間を小さく切開し、心臓の下端(心尖部)からカテーテルを通す「経心尖アプローチ」があり、患者さまの状態に適切なアプローチ方法をハートチームの医師が選択します。いずれのアプローチにおいても少ない身体的負担で治療が可能です。

経大腿動脈アプローチ

経心尖アプローチ

提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

TAVIの適用条件

TAVIは、重度の大動脈弁狭窄症で外科的手術が困難な症例に対して有効な治療法です。 外科的手術が困難な症例とは下記に該当する症例です。外科手術が困難、または非常に危険であると判断された場合は積極的なTAVIの適応と考えられます。

  • ご高齢の患者さま(概ね80歳以上)
  • 過去にバイパス手術などの開胸手術の既往のある方
  • 胸部の放射線治療の既往のある方
  • 肺気腫などの呼吸器疾患合併のある方
  • 肝硬変などの肝疾患合併のある方
  • 1年以上の予後が期待できる悪性疾患合併のある方

※ 重度の大動脈弁狭窄症とは、健常者で2−3cm2ある弁の開放時の広さ(大動脈弁口面積)が、1cm2未満にまで狭くなっている症例です。
上記条件に該当していても、現時点ではTAVI治療の適用が該当しない場合もございます。

当院の体制

1. TAVI治療体制 / ハートチームによる治療

TAVI治療は、カテーテル治療専門医(主に循環器内科医)、心臓血管外科医、麻酔科医、その他コメディカルスタッフ、事務職員などが、それぞれの専門分野の知識や技術を持ち寄って、患者さまにとって最適と思われる治療法を選択し、治療を行う事で初めて可能になります。このTAVI治療を担うグループを「ハートチーム」と呼びます。
当院でも専門のハートチーム体制を整えています。

ハートチームによる治療

2. ハイブリッド手術室

TAVIは、ハイブリッド手術室(hybrid operation room; HOR)と呼ばれる、高機能の手術室において治療を行います。
当院では2014年09月、ハイブリッド手術室を稼働いたしました。ハイブリッド手術室とは、手術台と心・血管X線撮影装置を組み合わせた治療室のことで、手術室と同等の空気清浄度の環境下で、カテーテルによる血管内治療が可能です。この組み合わせにより最新の医療技術への対応が可能となりました。
すなわち外科的に最小限の切開を加えた後、そこから低侵襲治療(=体に負担の少ない治療)を行うことが出来るようになっています。

ハイブリッド手術室

患者さまへのメリット

  • 01

    体への負担が少ない

    TAVIは胸を全く切開しない、または大きく切開しなくて済み、また従来の弁置換術のように心臓を停止する必要がなく、人工心肺を使用しなくて済むことから、患者さまの体への負担が少ないのが特徴です。

  • 02

    入院期間が短い

    TAVIは、術後10日で退院が可能となり、術前を併せても2週間程度の入院期間で治療が完了します。
    退院後はすぐに元の生活に戻る事が出来ます。しかも大動脈弁機能は大幅に改善していますから、治療前には出来なかった色々な活動が可能になります。

TAVI治療の流れ

  • 01

    明石医療センターを受診

    循環器専門医が月曜日から金曜日まで毎日外来診察を行っています(休診日を除く)。
    かかりつけの先生からの紹介でも、飛び入りでも、心臓に関してお困りのことがございましたら、真摯に対応させて頂きます。
    特に、循環器内科は月曜日および火曜日の黒田医師、心臓血管外科は火曜日の林医師、水曜日の岡本医師、木曜日の戸部医師は弁膜症TAVI外来として診療しています。
    外来では、問診、血液検査、胸部レントゲン、心電図、心臓超音波検査等を行います。

  • 02

    検査入院

    TAVI治療を含めた治療方法検討のために外来で行えない検査を入院した上で実施します。
    入院期間は4〜5日間で心臓CT検査、心臓カテーテル検査、MRI検査などを行います。
    入院中に担当医師よりTAVI治療についての説明を行います。状態が安定されている方は一旦退院した上で、その後改めて治療入院して頂くことが一般的ですが、病状が不安定な方や遠方にお住まいの方は治療を同入院中に施行することも可能です。

  • 03

    カンファレンス

    ハートチームのメンバーで検査結果を踏まえてご本人の状態や病状、ご希望も加味した上で治療法(TAVI治療、外科的置換術、保存的加療)を検討していきます。

  • 04

    TAVI入院

    TAVI治療の3~4日前に入院となります。

  • 05

    TAVI治療

    ハイブリッド手術室にて全身麻酔または局所麻酔下でTAVIを行います。 ハートチームメンバーで治療にあたり、治療が終わりましたら集中治療室に帰室となります。

  • 06

    術後ケア

    手術後2日目より食事を再開、翌日からは歩行の上で退院に向けてリハビリを開始します。理学療法士、看護師が中心となってケアを行います。

  • 07

    退院

    手術後10日以内の退院を目指します。

  • 08

    外来フォロー

    退院後の投薬を含め日常診療はかかりつけの先生にお願いすることが多いですが、定期的に来院していただき、責任を持ってフォローをさせて頂きます。

TAVIに関するQ&A

TAVIを含めた心臓弁膜症について相談したい場合はどうしたらよいですか?
循環器専門医が月曜日から金曜日まで毎日外来診察を行っています(休診日を除く)。
かかりつけの先生からの紹介でも、飛び入りでも、心臓に関してお困りのことがございましたら、真摯に対応させて頂きます。
特に、循環器内科は月曜日および火曜日の黒田医師、心臓血管外科は火曜日の林医師、水曜日の岡本医師、木曜日の戸部医師は弁膜症TAVI外来として診療しています。
TAVIの治療費は?
治療には健康保険、高額療養費制度が適応されます。費用は年齢や所得によって異なりますが、おおよそ5万~30万円です。
※部屋代、食事代は別途必要です。上記はあくまで概算です。
どんな人がTAVIに適応しますか?
一般的には、ご高齢のため体力が低下している、もしくはその他の疾患などのリクスを持っているなど、外科的治療ができなかった重度の大動脈弁狭窄症患者にとって、TAVIが治療の選択肢の一つになります。気になる症状がありましたら、当院でご相談下さい。
希望すれば若くてもTAVIを受けることが出来ますか?
TAVIが開始されてからまだ10年程度しか経っておらず、それ以上の長期成績がまだ明らかではありません。そのため、現在では60-70歳程度までの患者さまであれば通常、長期成績も担保されている外科的弁置換術が標準治療となります。しかし、これまで何度か開胸手術を受けたり、手術の危険性が高い方などは、TAVIの適応が検討されます。
TAVIが受けられないことはありますか?
透析を受けている患者さま、以前に大動脈弁置換術を受けられていて、その人工弁が機能不全となった患者さまには2016年9月の時点では行えません。また、同時に患っている他の病気の状態が悪い方やTAVIをしても効果が乏しいとハートチームで判断された場合には行えないことがあります。患者さまの状態によってはバルーンカテーテルのみによる大動脈弁カテーテル治療(バルーン大動脈弁拡張術:BAV ※)が可能な場合もあります。
どんな合併症が起こりえますか?
開胸手術が出来ない高リスクな患者さまへの治療であり、死亡するリスクもあります。また、操作の大部分が大動脈という太い血管の内部をカテーテルを用いて行われますので、可能性としては動脈損傷、出血、脳梗塞などが起こりえます。また、生体弁留置によって心臓の刺激伝導系といわれる部分が影響を受け、恒久的ペースメーカーを埋込む必要となることも少なくありません。その他にも、大動脈弁逆流症や冠動脈閉塞による心筋梗塞などの様々な事象に対し、術前に極めて慎重な精密検査を行い、合併症が起こるリスクを評価し、合併症の予防に努めています。詳しい内容については、当院での治療前にお渡ししている説明・同意書を参照ください。
TAVIで使われる生体弁の耐久性はどのぐらいですか?
非臨床試験(加速耐久性試験)において5年相当の耐久性を有することが確認されています。また、文献よりTAVI生体弁留置後の5年フォローが出来た88人の追跡調査において、再治療を必要とする生体弁の 構造的劣化は見られなかったという報告がされています。このことから、少なくとも5年の耐久性は確認されていると考えられます。 また、外科的弁置換術に使用されている牛心のう膜生体弁に関しては、20年以上の長期成績が既に報告されています。
大動脈弁狭窄症かどうかを知りたいのですが、どうすればいいですか?

症状チェックリストを確認の上、お近くの医療機関にご相談ください。聴診やエコー検査で診断を受けることになります。

心当たりのある症状を選んでください。(複数チェック可)

【ご注意】これらの症状は他の疾患の徴候である可能性もあります。 一方で、はっきりした症状が出ずに心臓弁膜症が進行することもありますので、健康について質問や心配がある方は、必ず医師にご相談ください。

退院後はどのくらい通院が必要ですか?
退院してから1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後に通院していただき心エコーなどのフォローをさせていただきます。また1年経過してからも数ヶ月に1度のペースで当院外来でフォローさせていただきます。通常のお薬の処方などはかかりつけの先生にお願いしておりますので、かかりつけ医院と当院にて協力しながらフォローさせていただきます。
TAVI治療後の日常生活で気を付けることはありますか?
食事については、野菜、魚や肉類、乳製品など、栄養を考えたバランスの良い食事を摂りましょう。とくに、摂取カロリーや水分、塩分の量は医師の指示に従って下さい。なお、サプリメントの摂取には注意が必要です。とくにカルシウムは生体弁組織の耐久性を弱めるとされているので、医師に相談して下さい。また、アルコールは心臓に負担をかけるため、飲み過ぎには注意しましょう。
運動については、医師と相談して決めて下さい。運動プログラムに従った適度な運動は、心臓の負担を軽減し、日常生活を維持すするためにも重要となります。また、新たなスポーツを始める際は、医師に相談して下さい。

おわりに

このように、これまで外科的治療を諦めざるを得なかった重度大動脈弁狭窄症の患者さまにとって、新たな治療の道が開かれました。大動脈弁狭窄症は、治療しないで放置すれば突然死に至る可能性もあります。症状に心当たりがある方はお早めに明石医療センターを受診してください。

受診案内

明石医療センター

(代表) 078-936-1101
窓口受付時間 午前8時30から午前12時まで ※一部例外があります。
外来診療時間 午前診:午前9時から 午後診:診療科によって異なります。
※月曜日の循環器内科)黒田医師が弁膜症外来として専門に診察しています。